にじまちの理念

にじまちの事業目的は、人と人をつなぎ、
次世代に向けたまちづくりの一翼を担うことです。
まちづくりというと多くの場合、建設業の分野と考えられがちですが、
それだけではないと、わたしたちは考えます。
衣・食・住と言われるように、食もまた人々の暮らしには欠かせないもの。
その食の力で、未来がつくられる部分もあるはず。
おいしくて安全な食材があれば、人々はそれを求めて集まります。
そして集まった人々のために食材を調理・加工、そして販売する人も必要になります。
にじまちは、そういう集まりが作られるキッカケをつくる企業でありたい。
にじまちは企業という形態をとった、そのためのプロジェクトなのです。
社名の「にじまち」には、その過程で困難もあるだろうけど、
必ず街に虹をかけるという想いを込めました。
食を通じて人が集まり、住み良い街に発展していくことを願って
にじまちは歩みはじめます。